SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
猫語の教科書 (ちくま文庫)
猫語の教科書 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
スザンヌ サース,ポール ギャリコ
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
このサイトは、ランジェリーデザイナーのランジェリーホリックス(Lingerieholics)のブログです。

ランジェリーホリックスでは、フェアトレードのオーガニックコットンとリバティプリントの布ナプキン『月布つきぬの』、雑貨、アクセサリーなど、女性が快適にすごすのをお手伝いするものを販売しております。

Lingerieholics?ランジェリーホリックスのHP http://lingerieholics.com

あと、パンダと下着が好きです。
フランスにランジェリーデザインの勉強しに留学してたので、フランスのお話もちょこちょこしようかなと思ってます。
どうか、みなさん、よろしくね。

ランジェリーデザイナーの日常

<< サイズM 月布(布ナプキン)リバティプリント Bourtonボートン ピンクを追加しております | main | 良いお年を! >>
クリスマスの思い出

どうも、みなさん、メリーしまくまっす!
(すいません。。。 
去年と一緒です。写真も。)

さすがにこれ↑だけじゃ味気ないので、
フランスでのクリスマスの思い出話など書いてみます。


日本のクリスマスと違って、
フランス(というか、キリスト教圏?の)クリスマスは、
家族が集まってすごします。

ちょうど、日本のお正月とほとんど一緒です。
家族、親戚が集まって、ご馳走を食べます。(&プレゼント交換)

なので、日本みたいに、恋人のためのクリスマスではないので、
『相手がいなくてもへんなプレッシャー感じなくて良くて、
うれしいな〜!』
などと、のん気に考えていたのだが、
なんと!一緒に過ごす家族すらいないことに、
当日になって気づいて愕然とした!(気づくの遅すぎ!)

日本人の友達でお金がある人は、
日本へ帰ってしまっているし(ほとんど、私以外の全員)、
外国人の友達(語学学校の友達)も大体本国に帰ってしまう。

パリは、フランス人すら地方から出てきている人が多いので、
パリの人口まで減って、
妙に静かなサイレンナイト。。。

前の日まで、みんなプレゼントを買い集めるために大混雑しているので、
その落差は、ものすごい。。。

そう、みんな一人にならないように、ちゃんと行動しているわけなのね。
それに当日までまったく気づかなかった、わたくしですよ。

一人でご馳走を食べる気にもならず(お金もないし)、
いつもと変わらぬ晩御飯(自炊)を食べ、ちょっと外に出てみる。

シャンゼリゼとか、きらびやかな所には行く気がしないので
(私の心と、ギャップがありすぎるので)、
近所をぶらぶら。ものすごく、寒い!(心が?)

みなさん、パリと言ったら、素敵な所と思い込んでいる方も多いですが、
確かに素敵なところもあるのですが、普通の住宅地も多いのです。
(それこそ、シャンゼリゼとかは、みなさんの想像パリとギャップがないと思います。きらびやかなイルミネーション。)

そんなごく普通の住宅地の一角の近所をぶらぶらしていたら、幅10メートルもないような細い道路にも、しょぼいイルミネーションが!

まあ、幅は狭く本当にしょぼいイルミネーションなのだけれど、
それが結構長い距離にわたって、続いていて、
その道がゆるいカーブした坂になっているので、
横断幕状に長方形のイルミネーションが段々になって重なって、
ゆるくカーブを描いて見えて、
それが、本当に本当に綺麗で、ハッとした。

いつも通りの見慣れた道が、別の空間になってしまったような、
自分が今、どこにいるのか、自分が何者なのか分からないような、
ボーっとした気持ちで、ず〜っと眺めてた。寒くて鼻水を垂らしながら。

フランスの夜は、本当に暗い。
光で照らした看板や、明かりのついたコンビニや商店の明かりは、ない。
特に住宅地は本当に暗い。(オレンジ色の街灯だけ。)

その中に、本当に、純粋に、
イルミネーションだけが光っている。

光を美しくみせるのは、闇だな〜と、
感動しつつもどこか冷めた気持ちで思う。

これを綺麗に感じる私も、本当に一人で孤独だからなのだな〜と、
ボーっとしながらも思う。

次の年からは、私もちょっとだけ賢くなってしまって、
一人にならないように努力したり、
いっそ、海外旅行(フランス以外)に出かけてみたり、
いろんなことをして、いろんな国のイルミネーションをみたり、
日本に帰ってきてからも、いろんなイルミネーションを見たけれど、
あのイルミネーションに勝るものは、見れたことがないです。

特に日本は、もともとが店の照明などで明るすぎるので、
どんな高名なイルミネーションデザイナーが作ったものでも、
素敵だとは思うけれど、本当に感動したりはしないです。
その光を美しく見せる、闇がないので。

だから、いつもクリスマスと言うと思い出すのは、
あのヒリヒリするような孤独と寒さと、
あのイルミネーションです。

賢くなったり、誰かといたら見れない、
本当に自分だけのクリスマスの思い出です。

私は、こういうことを知るために、フランスに行った気がします。
本当の美しさや孤独を。

メリークリスマス!
JOYEUX NOEL!! ET BONNE FATE!!!


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加し始めました!
ポチッとしてくれると、うれしいです!
| フランス話 | 12:19 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする