SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
猫語の教科書 (ちくま文庫)
猫語の教科書 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
スザンヌ サース,ポール ギャリコ
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
このサイトは、ランジェリーデザイナーのランジェリーホリックス(Lingerieholics)のブログです。

ランジェリーホリックスでは、フェアトレードのオーガニックコットンとリバティプリントの布ナプキン『月布つきぬの』、雑貨、アクセサリーなど、女性が快適にすごすのをお手伝いするものを販売しております。

Lingerieholics?ランジェリーホリックスのHP http://lingerieholics.com

あと、パンダと下着が好きです。
フランスにランジェリーデザインの勉強しに留学してたので、フランスのお話もちょこちょこしようかなと思ってます。
どうか、みなさん、よろしくね。

ランジェリーデザイナーの日常

<< アルカリウォッシュ単品 販売中! | main | 新柄追加!とお知らせ! >>
生理痛に対して思うこと。
みなさん、生理痛、どうですか?

私は、今は、ほとんど生理痛ないのですが、昔、かなり重度の生理痛持ちでした。

それで、婦人科の診察を受けたら、子宮内膜症と診断されました。

その時言われた治療法は、ホルモン療法か、鎮痛剤を飲んで痛みを和らげるというものでした。
そして、それでも効かないほど酷くなったら、卵巣の摘出と言われました。

なんだか、『救いがない』、と思いました。

だって、ホルモン治療は、ホルモン剤を飲むのに抵抗があったし
(一度飲んだけれど、気持ち悪くなるし、精神も鬱っぽくなった。)、
鎮痛剤は、対処療法で、根本治療ではない。
しかも、それが効かなくなったら、卵巣取るのか?私?
医者は、ずいぶんと簡単に言ってくれるよね?
(今は、治療法も変わったかもしれません。)

それで、なんとか、他に治療方法がないものか、色々と探した。

そうしたら、ある植物性のサプリメントが効く!
と聞いたので、試してみた。
それは、血行が良くなるというものだった。
(確かに、私は血行が悪かった。)

ただ飲むだけでは良くない!と思って、
あと自分で出来る血行が良くなる事は?と考えて、
『体を冷やさない』という事を気をつけた。

具体的には、常に、素足でいない。
(いつでも靴下を履く。風呂上りにも、すぐ履く。朝起きたら、すぐ履く。)
毎日、足湯をする。

そういうことを心がけてから、一年くらい経ったら、いつの間にか、
生理痛がなくなっていた。
サプリも飲むのを止めた。

どれが効いたのか、良くわからない。

でも、今考えると、生理に対して、アクティブに行動をしたことで、
考え方が変わった気がする。

それまでは、なんせ、とても痛いものだから(痛すぎて、失神したこともある)生理がくること自体を恐れていた。

とにかく生理を拒否していた。

それが、生理に対して、アクティブに行動したことで、私は、いつの間にか、
生理を受け入れていたようです。

せっかく(?)毎月来るのだったら、受け入れて、楽しんだ方が良い。

そういった、楽しむきっかけは、何でも良いと思います。
(私は、たまたま、サプリメントでしたが、本当に何でも良いと思います。
今となっては、サプリメントが効いたとは思っていません。単なる、きっかけだったな〜と。)

そういった、生理を楽しむきっかけのひとつとして、布ナプキンにプラスアルファーとして、ハーブティーや、マッサージオイルを取り入れるのも良いのでは?と思いまして、今回こちらをご用意させていただきました。

生理痛緩和に役立つと言われているハーブが配合された、ハーブティーとマッサージオイルのセットです。
もし良かったらご覧ください。こちら

特に、今回、ご紹介しているものは、生理痛に効くと言われている
ハーブを使っているんだから、精神的な効果以外にも、実際の効果も
期待できるかもしれない。

でも、薬ではないので、絶対、効く!とかは、言えないのですが。。。

それでも、ゆっくりとした時間を持って、
マッサージオイルでお腹と腰をいたわるように、やさいしくマッサージして、
そして、ゆったりと気持ちで、ハーブティーを飲んでみる。

そうやってセルフケアしてあげると、体が喜ぶと思います。

こういったことで、生理を受け入れ、楽しむきっかけにしていただけたらと思います。


そうそう、生理痛がなくなってから、布ナプキンを使うまで、数年、
間が開いていたので、すっかり、そんな風に、生理を受け入れた事を、
また、忘れかけていました。

そして、布ナプキンの存在をしり、自分で作るようになってから、
また、生理に対してアクティブで、生理を楽しむことを思い出しました。

布ナプキンや、セルフケアをするなど、生理に対して、自分からアプローチすることによって、生理を受け入れて、楽しんでいけるようなお手伝いが出来たらと思っております。
| 生理 | 14:47 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする