SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
猫語の教科書 (ちくま文庫)
猫語の教科書 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
スザンヌ サース,ポール ギャリコ
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
このサイトは、ランジェリーデザイナーのランジェリーホリックス(Lingerieholics)のブログです。

ランジェリーホリックスでは、フェアトレードのオーガニックコットンとリバティプリントの布ナプキン『月布つきぬの』、雑貨、アクセサリーなど、女性が快適にすごすのをお手伝いするものを販売しております。

Lingerieholics?ランジェリーホリックスのHP http://lingerieholics.com

あと、パンダと下着が好きです。
フランスにランジェリーデザインの勉強しに留学してたので、フランスのお話もちょこちょこしようかなと思ってます。
どうか、みなさん、よろしくね。

ランジェリーデザイナーの日常

<< あたし、しまくま! | main | リアル都市伝説が!〜映画 ヨコハマメリー〜 >>
しまくま手作りワークショップ
先日は、ミトンでの、『しまくま手作りワークショップ』にご参加いただきましたみなさん、本当にどうもありがとうございました!

女の人で集まって、ちくちく縫い物するのって、なんだか和むし、それでいて集中できて、なかなか気持ちよいことなんだなあ〜と、改めて思いました。

私は教える立場だというのに、すっかり楽しくなってしまいました。

私は服飾の学校で3年学んでいるし、ランジェリーの学校にも2年行っているので、洋裁の知識も技術もある程度は、あるのだけれど、根が大雑把なので、私が作ったしまくまもかなり雑な作り方です。

でも、参加してくださったみなさんは、本当に丁寧に真剣にしまくまを作っていて、すばらしいなあと思い、感動しました。

ああでも、こういう感じで、いいのだな〜とも思いました。

私は、縫製技術者ではなくて、デザイナーである。

物を作る知識も技術もある程度は必要なんだけれど、きれいに縫うことが私の仕事ではないのかもしれない。

それよりも、みんなに喜んでいただける、サービスを考え出すことが仕事なんだと気づきました。

「しまくま」を思いついたのは私なのだけれど、もはや、「しまくま」は私の手を離れたと思う。

前回のキャラが濃いしまくまのブログは、まあ、私が書いたわけなんだけれど、すでに、私の頭を超えているっていうか、自然と、あのしまくまを見ていると思いついて、手が自動に書いてしまうっていうか。。。

なんていうか、頭で考えた話じゃないんだよね。

そんな感じで、しまくまを作った人一人ひとりが、それぞれのストーリーを持つんだと思うんです。

もちろん、顔とか見た目も、その人その人の味というか、クセのある顔になるでしょう。

なぜか、私が作ったしまくまは、友達に見せると、私に似ているというので(私は意識してなかったのでびっくりしたけど。似てますか?)その人その人の何かが出てしまうのでしょう。

でも、その人そのものというわけではなくて、その人の一部分を濃くしてキャラがなったような感じが。

だから、参加してくださった皆さんも、是非、出来上がったら、しまくまの写真を送ってね!
その人その人なりの物を是非見たいです。

そんな風に、しまくまがその人なりの表現をしながら、増殖していったら、結構面白いな〜なんて思ってます。

これからも、その様なものを作って、皆さんにサービスとして提供していけたらと思っております。

また、一緒に縫ったりできる空間も提供できたら良いなあ〜と考えています。これからもどうぞ、よろしく!
















| しまくま | 00:57 | comments(2) | - | - | - |
コメント
うーん、参加できなくってほんとに悔しい。(涙)
キット販売、期待して待ってまーす!

・・・私が作るとくまなのに、カエルになってしまうって
ことか!?(苦笑)
| けろ | 2007/07/22 12:13 PM |

>けろさん
私も、是非、参加してほしかったよ!

そのうちキットを販売するのでよろしく!
そして、出来上がったら、写真送ってね!

カエルっぽいやつを。。。
| ランホリ | 2007/07/22 8:59 PM |

コメントする