SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
猫語の教科書 (ちくま文庫)
猫語の教科書 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
スザンヌ サース,ポール ギャリコ
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
このサイトは、ランジェリーデザイナーのランジェリーホリックス(Lingerieholics)のブログです。

ランジェリーホリックスでは、フェアトレードのオーガニックコットンとリバティプリントの布ナプキン『月布つきぬの』、雑貨、アクセサリーなど、女性が快適にすごすのをお手伝いするものを販売しております。

Lingerieholics?ランジェリーホリックスのHP http://lingerieholics.com

あと、パンダと下着が好きです。
フランスにランジェリーデザインの勉強しに留学してたので、フランスのお話もちょこちょこしようかなと思ってます。
どうか、みなさん、よろしくね。

ランジェリーデザイナーの日常

<< 女性のための起業講座 | main | cobo-net展で感染して増殖中 >>
ジダンの気持ち
マクロのこと書くって言っておきながら、ちょっと脱線。。。
ジダンの事で色んな事を思い出したので。。。
もしかしたら、今回の事は人種差別とは関係ないかも知れないけれど。。。

私は全然サッカーのことはあまり良く知らない。
でも分からないから、見えることもある。

ワールドカップ前々大会のフランスが優勝した時、私はフランスにいました。

まだ行ったばっかりで、フランス語もままならず、テレビも家に無かったし(貧乏により)、パソコンも持っていなかったので、ワールドカップ情報がそれほど入ってくる環境にいなかった。(そもそも、もともと、興味が薄い。。。)
たまに、町中で、クロアチア人サポーターが騒いでいるのを見かけるので、『ああ、確かに、この国で、ワールドカップが行われているのだな〜』と思うだけである。

それなのに!
優勝して、英雄になっているはずのジダン達に対する、差別的な言葉をそこらじゅうで聞いた。

『あの移民たちは、ちゃんと国家を歌えるのか?大体フランス語が喋れないんだろう?』とか『移民で勝っても、フランスの勝利とは言えない』みたいな言葉である。

移民とは言っても、大体年齢からして、2世か3世の場合が多いと思うから、生まれも育ちもフランスで、国籍もフランス人で、フランスで教育を受けている人が大半だと思う。

私が通っていた学校も、色んな人種の人がいた。
イスラエル人やアラブ系の人(が同じクラスにいる訳よ)、コソボの紛争で逃げてきたアルバニア人もいたし、レバノン人なのに、戦争のせいでず〜っとフランスの元植民地のコートジボワール(フランス語圏)で育って、フランス語でファッションの勉強をしたいからフランスに来た子とか、マルセイユ出身のアラブ系移民の子もいた。
そうそう、ジダンの今回の事を聞いて、その子の事をまず思い出したっけ。

それくらい、普通に移民系とか、外国人が多い国なのに、差別はなくならない。

差別っていっても、どちらかというと、”人種”的なものよりも(まあ、これもあるけど)、”植民地主義”的な差別を感じた。そこが、アメリカの人種差別とは少し違うかもしれない。

その、植民地主義的な差別なら、私も何度か受けた。

当たり前だけれど、私は見た目がバリバリの東洋人である。
そして、ブランド品を持っていない。
だから、自然とベトナム人と分類される。(逆にブランド物を持った東洋人は、自動的に日本人と分類される)
白人の人はそれくらいの感覚しか持ち合わせてい無い人が多い。まあ、人によるけど。

それで、ベトナム人に分類される私は、突然見知らぬ人に突然(道端や地下鉄のホームなどで)『あなたがこうして生きていられるのも、私達フランス人のおかげなのよ!』などと言われたりする。

ス○ッカーズとか、しょぼいお菓子しか売ってない、コインしか使えない(お札使えない)自動販売機を指差して、『我が国の素晴らしいテクノロジーを見よ!』などと、言われたりする。

そして、普段行かないパン屋にうっかり行ったときなどに、ニコニコしながら焦げたパンを渡され、『植民地に帰ったら?あなたには、このパンがお似合いよ。(肌の色か?)』などと言われたりする。

分かりやすい差別は、四年間でこのくらいなので、多いのか少ないのかは分からない。
でも、まあ、私はいいよ。
イヤなら、こうやって日本に帰ってくればいいのだから。

でも、フランスで生まれ育って、フランス国籍で、フランスで教育を受けて、ワールドカップでフランス人として優勝しても、差別されるジダンの気持ちを、イタリア生まれで育ちで、イタリア人のマテラッツィには分かるまい!

私はちょっとだけ、ジダンの気持ちがわかるぞ。









| フランス話 | 02:17 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
ごぶさた!わかるなあ・・その差別的な発言。
私もヨーロッパ各国でいろいろ言われました。
イギリス人には「あなたのアメリカンイングリッシュは
直さないとだめ!」といきなり見知らぬ人に言われたり。

フランスチームは他のヨーロッパのチームより
「移民」率が高いんだよね。ドイツのクローゼも
確か移民だったはずだけど。
人種のるつぼのロンドンの街を歩きながら、ここから
いわゆる移民がいなくなったら、果たして
この国は成り立つのか!?と考えていました。
移民って言ったって、この国で生まれて育った人なのに。
イギリスの新聞でも
「なぜジダンはあんなにキレたのか?」って
見出しで大々的に取り上げていたけど、逆に
なぜマテラツィはあんな発言をしたのか。

いろいろ複雑な気分です、はい。
| けろ | 2006/07/17 10:35 PM |

けろさん、おかえり!

そうか、イギリスもアメリカンイングリッシュがダメとか言う人がいるのか。。。
なんか、良くも悪くもお国柄が出るねえ。(自国が一番!みたいなさ。)

そうそう、フランスチームは、たしか、11人中9人が移民系だったよ。たしか。

ほんと、ロンドンもすごい人種のるつぼだよね。インド系、アフリカ系、アジア系、アラブ系、色々いるよね?でも、それが、おもしろい感じがするのにねえ?

アトピー星人のブログの方にも同じ生地を書いたのだけれど、sukoさんが言い事書いてくれてるよ。
良かったら、読んでみてね!
http://plaza.rakuten.co.jp/atopiseijin/diary/200607150000/#comment




| ランジェリーホリックス | 2006/07/18 12:14 AM |

あっちのほうでも書いてたのね。
うん、sukoちゃんのコメントにうなづきながら読んでました。
ヨーロッパのほうが差別は激しい。
アメリカは、主流の人たち自身が移民でしょ?
(そのわりには移民排除とか言っててちゃんちゃら
おかしいけど)
ジダンがアルジェリア系であったということも
この問題の根深さを感じる・・・。
しかしやっぱり大事な決勝戦の延長のときに
マテラッツィがなぜあんな暴言をはいたのかを
ちゃんと追求してほしいな。
オリンピックにしろ、ワールドカップにしろ、
国際問題がいろいろからんでくるのはさびしいものがある。
やっぱり日本は平和ボケ。勝手な批判は安易に
しないでほしいね。
| けろ | 2006/07/18 9:58 PM |

あ、そうか!アメリカって、みんなが移民なのか!(それでも差別があるという矛盾よ。。。)


私は、フランスに行ってたので、アルジェリア系とか、アラブ系移民の友達が結構いたんだよね。

そして、そういう人たちの方が、白人の人よりも断然近い感じがしてたしね。

そういう風に個人的に、各人種を知っていくと、差別の気持ちなんて、絶対おきないんだよね。

白人の人は、案外、白人で固まっているので、知らない人たちの事を差別してしまうのだよね。(日本人もこれに近いのかもね。)

だから、批判だけしてしまったりして。

まず、理解しあわなきゃだよね。


| ランホリ | 2006/07/19 6:59 PM |

フランス人ってそういうところあるよね。相手をまず一ランク落として上からものを見るというか。尊大なお前が一番気に入らん!みたいな態度をとられるとむっとするけど、あのフランス語の早口にはかなわないので悔しいけどやり返せないというか。

日本と韓国・北朝鮮との間に横たわる植民地問題とはまた別だよね。

かの地の意識の問題は多分50年100年なんて単位じゃかわらないだろうな。日本人は無神経に忘れて相手を怒らせるけど、あちらはいつまでも過去にしがみついて相手を踏みつけるんだよねぇ。。。この差は肉食と草食との違いか?!
| うにぞう | 2006/07/19 11:55 PM |

そうそう、フランス人(白人系)のあの人を見下した感じはすごいよね。まあ、人によるけど。

そうか、私は逆に、自分が植民地主義的差別を受けてみて、すこ〜しだけだけれど、韓国、北朝鮮の人たちの気持ちもわかったよ。
それでも、”教育”に縛られてるなあ〜、と、思う面もあるけどね。
| ランホリ | 2006/07/20 4:15 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.lingerieholics.com/trackback/496327
トラックバック